2020、美容師が見落としている、ハイライトカラーの需要事情の変化

一人一人に合わせた極細ハイライトが急浮上!

ハイライトが人気になって数年、今、ハイライトの需要事情が変わってきています。

今までのハイライトは、いわゆる海外セレブ風といった所でしょうか。

ハッキリと太めに、巻いた時に可愛く、わかりやすく。

といった感じでした。

若い子たちはそれで良かったんです。でも、流行とういのは若い子からそれが形を変えて大人へシフトしていくのです。

従来のハイライトの入れ方では日本人の大人にはなかなか適応しにくく、

やってみたいけどできない、といった感じになっていました。

なぜか、、そうです、仕事しているからです。

つまり、海外セレブ風などと謳っていたハイライトは大人からしたら

オフィスNGなのです。(※もちろん職種によってはOK)

日本人は色々と流行りものは大好きなのですが、根本的にはコンサバなのです。

そう、保守的なのです。

リアルにオフィスOK!さりげないハイライトが大人気!

最近ではこれが大ブームです。

ぱっと見、これはハイライトなのか?というくらいの極細ハイライトです。

でも、オフィスで働くOLさんにとっては、大イメチェンなのです。

基本的に美容師さんはやりすぎる傾向にあります笑(おそらく善意で)

でも、お客様との心の位置にズレが生じているのだと思います。

変えるのはほんの少しでも良いんです、実は。

極細ハイライト、人気の秘密!

オフィスでも人気なのが人気の理由、だけではないのです!

まず、根元からハイライトが出てくるのではなく、途中からボワンと現れるハイライトの入れ方です。

これにより、ハイライトに入っている薄い色味が抜けてきた時にカラーが汚くならない!ということです。

そして、この細さと入れ方が最重要です。

スタイリングした時、このお客様が普段どういったスタイリング方法で

どんな物を使ってどんな質感が好きなのか、

これらによって取る細さと入れ方が変わってくるのです。

もちろん、お客様の働いている職場の情報も大切です。

お客様から色んな情報を引き出すことで生まれる、

あなたの為だけのハイライトカラーが誕生します。

要するに、一人一人に合わせた技術と気持ちが大切ということです。

そしてこのハイライトは、いつもの通常のカラーに+4400円で施術可能です。

アルミホイルも8枚程度、時間も+10分程度です。

最小限の手数で、最大限の効果を!!

ご相談・ご予約、いつでもお待ちしております。

JEANAHABOR 後藤ユースケ