30代40代にオススメの髪型とヘアケア✭

30代40代で髪質が変わってきてから、髪型は変わりましたか?ヘアケアは変えましたか? もちろん、髪質が変わっているので変えるのが望ましいです。

年齢を重ねると何が変わる??

一般的にミセスというカテゴリーにされる40代や、そろそろ若者という感覚でなくなってくる30代、そんな僕も現在30代半ばを越えました。

女性のお客様で髪質が変わってきたということで、まずよく聞くのは

・毛が細くなった(ハリコシがなくなってきた)

・パサパサしてきた

・クセが出てきた

がTOP3じゃないでしょうか。

女性の皆さん。30代40代で髪質が変わってきてから、髪型は変わりましたか?ヘアケアは変えましたか? もちろん、髪質が変わっているので変えるのが望ましいです。

が、ほとんどの方は変えません。

なぜか。答えは簡単です、 『わからないから』 です。

本来は美容師さんがサロンでお客様にお伝えしているはずなのですが……..

さて、では何しましょう。。。というお話です。

【家では何をすればいいの??】

ハリコシがなくなってきている方、パサパサしてきている方、

乾かす前にミルクタイプ(乳液)のトリートメントがオススメです。

オイルは種類にもよりますが、大抵はコーティング(皮膜)が主です。

髪の毛の内部の保湿成分が失われてきている30代後半〜40代の方は、内部を保湿する必要があります。

乾かす前は、浸透性のある乳液タイプのトリートメントをつけてから乾かすと、ドライ後に自然にまとまります。

乾かした後に、さらっとしたオイルをつけるのはOKです。(ホホバオイルなどは特に良いでしょう)

さらに、クセが出てきてまとまらない方。

どうやって乾かしていますか?

クセは根元から出てきます。髪の毛が生えている瞬間の根元の毛がどの方向に向いているかで、毛先のおさまる位置も決まってきます!

つまり、うねっている根元のクセを取ってあげることが大切になってきます。

ドライヤーで上から根元を潰してはいけません。

ドライヤーは下から上に。

根元に風邪が当たるように乾かすことがポイントです。

上から乾かすとウネリがそのまま残るので、乾かすだけではまとまりが悪くなりやすいです。

【毛先に乳液→ドライヤーは下から根元に→最後にさらっとオイル】

まずは基本のここから始めてみましょう!

【サロンでは??】

美容院では主に2つ、『髪型』と『ヘアケア』です。

うねりが出てきて髪の毛がペタッとする、ロングにしてると毛先のパサつきがどうしようもない、華やかさが欲しい、etc…..

まず、年齢を重ねていくとショートなど短くする方が多いです。

理由の1つにはボリュームが欲しいということです。ロングやミディアムのままペタッとしてしまうと貧相に見えてしまう、ということです。

ではどのようなショートまたはショートボブが良いのか。

ミセス、30代40代に人気の髪型は、、、


このあたりは人気です✩ ボブ、ショートボブ、肩まわりのボブ。

髪質やクセの出具合、そのほか普段のスタイリングやライフスタイル、身長など様々な要素から最適なヘアスタイルを算出します。

乾かすだけでまとまるようなスタイルが好まれますねっ!

トップがペタッとしてしまう方は、外ハネのスタイルもオススメです✩

視覚効果で髪型のシルエットで骨格補正をしてくれます。

ミディアムヘアの場合は、特に「華やかさ」が重要ポイントです!


顔まわりなどのレイヤーの入れ方、ひし形シルエットによるボリューム感、華やかさ、が大切になってきます!

ヘアケアの分野でいうと、この世代にはトリートメントは少し的外れになってくるかもしれません。

そう、トリートメントというのは主にコーティングです。細くなってきた髪にはちょっと重いのです。

内部補修の成分が入っていても、効果を持続できましたか??

1週間、そのくらいでしょう。次に美容院に行くときにはもう元々の状態です。

これではいつまでたっても一歩も進みません。

最近は髪質改善と言われているものも主流になりつつあります。

髪の毛の内部に新たな結合を作り出して、髪の毛の強度を高めるやつですね!

いわゆる酸熱トリートメントと言われるものです。

髪質改善のメリットは、何と言っても手触りとツヤです!

ツヤがあるだけで実年齢よりー5歳以上にみられるというデータも!

年々手触りが悪くなってきてしまっている方は、特にオススメです!

30代40代の方向けのオススメは他にもたくさんあります!

根元だけふわっとさせる根元パーマというものもあります。

ご自身の髪の毛のお悩みに合わせて、たくさんの引き出しを用意してお待ちしてます!!

公式のLINEでもご予約・ご相談が可能です。 コチラ

JEANAHARBOR(ジーナハーバー) 表参道

後藤ユースケ

03-6721-1942

髪型にフィットさせる縮毛矯正・ストレート!

ロングとボブでは、明らかに施術方法が変わります。当然です。頭の箇所によってはクセの強さや種類も違います。髪型にフィットさせることが大切です!

(東京/表参道/JEANA HARBOR 後藤ユースケ)

ストレートパーマ、縮毛矯正、髪質改善…………

たくさんある中で、やはりクセを伸ばしたい方は縮毛矯正などのストレートメニューを選択した方がきっと心が満たされるでしょう。

☆ご予約ご相談は公式LINEでも絶賛受付中☆

↑ボタンをタップ!


【頭は丸い】

まず、当たり前なのですが「頭は丸い」ということを。

後頭部、おでこ、ぼんのくぼ周辺、この辺りは丸みがキツかったり歪みがあったりと、特に繊細にという部分ですね!

まずは 前髪ストレート!!

前髪は、特に内側にクセが強いという方が多く見られます。

前髪ストレートでのオーダーでも一番聞くのが、

「自然にしたい」

前髪がピンと真っ直ぐ過ぎても嫌ですもんね!

髪の毛が短いと、その分ピンとしやすいので注意です!

美容師さんの薬剤選定と技術が重要になってきますね。

オーダーにもよりますが、多少クセを残してもいいという場合と、クセは残したくないけど真っ直ぐは嫌だ、という場合ではもちろん施術方法も薬剤も変わってきます。

もちろん、サイドや顔まわりの髪の毛も自然に!です。

ボブの場合、特に顔まわりのクセは伸ばしたい!けど毛先までピンとしたいわけじゃない!というのが一般的でしょう。

サイドの顔まわりの毛先はちゃんと柔らかさを残してあげた方が、家での再現性も高まりますし、お客様も満足していただけるでしょう。

次に ぼんのくぼ周辺・えりあし

うねりも大変ですが、このように反り返っているようなクセや、えりあしの短い毛に対してのアプローチは経験も重要です。

それに伴うカットも非常に大切です。

伸ばすのですが、伸ばさない。

言ってることめちゃくちゃですが笑

でもこういうニュアンスなんです。

この部分は特に、頭に フィット させてあげないといけないところです。

えりあしが収まってないと、ヘアスタイルとしてバランスも悪いですからね!

馴染ませてあげるようなイメージで、頭にフィットさせる。

これが大切です。

そう、

「頭は丸い」

ということです。ただクセを伸ばせばいいってもんじゃないのです。

ロングとボブでは、明らかに施術方法が変わります。当然です。

頭の箇所によってはクセの強さや種類も違います。

その箇所箇所で技術も変わります。

今までなんとなくクセを伸ばしていた方は、今一度ご自身のヘアスタイルを考えてみましょう!

もしかしたら、縮毛矯正じゃなくてもいいかもしれないし、

もっと違うアプローチの仕方があるかもしれない。

古い常識は捨てて、早いところ乗り換えて行きましょう!

髪質やクセでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

1番お得なご予約は公式LINEから!

↑ボタンをタップ!

クセ毛の方に向けた髪質向上シャンプー&トリートメントなど、

オンラインショップでもご購入可能です!

髪質改善オンラインショップ!

JEANAHARBOR(ジーナハーバー) 表参道 後藤ユースケ

03-6721-1942