悩める27歳にオススメ。広がるクセでボブstyle✨

 

広がるクセはボブにできないのか?

 

ご新規のお客様によく聞かれます。

 

結論から言いますと、

『できます』

膨らみ方は様々ですが、

髪のクセには収まるポイントがあります。

ここの見極めが大切です。

 

どんなボブがいいのか?

 

『ボブ』と言っても、カタチは色々あります。

ワンレングス、いわゆるオカッパみたいなボブのスタイルは、広がるクセには適応しにくいでしょう。

デメリットの例としては、

日が経ち伸びてくると、ハチ周りの部分が膨らんできて、髪型のシルエットが『四角くなる』ということです。

 

 

写真のように

膨らむところは膨らむクセを利用し、いらないところは削る。

個々の持ってる特性を活かせる形がオススメです。

 

ハチ周りの髪の量感調節も大切です。

正直レザーカットのみだとスタイルの『持ち』は良くありません。

取るところは取らないと、です。

道具は適材適所で使い分けることが大切になります。

 

膨らむクセのワンレングスのボブも、長さによってはOKです。

中途半端な長さですと、扱いにくいと思うので、似合う長さで短めがオススメです。

 

 

ストレートパーマは必要なのか?

 

うねりの度合いにもよりますが、

膨らむという髪質であれば、真っ直ぐにするようなストレートパーマはしなくて良いと思います。

 

ポイントによっては『伸ばしたい』。

でも真っ直ぐになりすぎるのは嫌だ。

でもボリュームは抑えたい。

 

そんなことが色々とあると思います。

 

ポイントポイントで、薬剤、技術を変えて、必要なところに必要なことをすれば良いのです。

 

ストレートパーマは伸ばすだけではありません。うねりを弱めることもできます。薬剤もたくさんあります。

カットと薬剤の融合で

持ちがよく、扱いやすいヘアスタイルが完成します。

 

※髪質改善はその日だけではできません。

 

お悩みを解決するために、ぜひ一緒に本気で取り組みましょう✨

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です